日野高校-校章生物部

 毎週、浅川や多摩川、学校周辺で、野鳥や淡水魚、ほ乳類(タヌキ)などを観察しています。

 野鳥は、毎週水曜日朝、浅川で、センサス調査をしています。

 淡水魚は、貴重な種類(メダカ、ホトケドジョウ、ギバチ、ジュズカケハゼなど)を水槽で飼育したり、 浅川でガサガサや投網(とあみ)で、魚採りをしています。

 生物講義室が部室で、水槽の魚やカメ、エビなどを見ていると、身も心も癒されます。

 夏の合宿は、地学部と合同で、山梨県(清里)で行う予定です。

活動日、活動場所、部員数

活動日

活動場所

 生物講義室、野外

部員数

  1年生 2年生 3年生 合計
男子 0 0 0 0
女子 1 1 3 5
合計 1 1 3 5

活動実績

生物部の写真
日本動物学会で、優秀賞受賞
生物部の写真
多摩川河川敷で、アリジゴクの成虫探し
生物部の写真
浅川一番橋で、ホトケドジョウ復活作戦
生物部の写真
多摩川四ッ谷橋で、ツバメ集団ねぐら観察会
生物部の写真
多摩川漁協と、ウグイの産卵床作り
生物部の写真
多摩川上河原堰で、アユの遡上観察
生物部の写真 生物部の写真
八王子で、トウキョウサンショウウオの卵塊、成体調査
生物部の写真
生物部の写真
本校校庭に出没するタヌキ(右は、雪が降った後のタヌキの足跡、親子か?)