日野高校-校章「いちい会」(PTA)より

~今年度を振り返って~

いちい会会長 野間 恵子

 日ごとに春めいてまいりました。 3年生・保護者の皆様ご卒業おめでとうございます。

 3年間にわたり、いちい会へのご参加ご協力誠にありがとうございました。 お慶びとともに御礼申し上げます。

 さて、本年度の活動を振り返りますと以下の4項目が主な活動となりました。

生徒たちを支える活動

体育祭での麦茶提供、 マラソン大会での豚汁提供、 花壇の整備による環境整備

広報誌の発行

「いちい」108~110号発行

生徒たちの行事をとおしての活躍、 部活動の様子、 又いちい会活動の状況を報告。

保護者の親睦

文化祭でのお休み処の運営、 バス研修(グリコお菓子工場見学他)、 1・2年合同行事「骨盤矯正エクササイズ」、 卒業式後のお別れ喫茶の企画(本年度実施予定)

外部の活動

都高P連西部南地区での活動、 日野台・南平高校との三校交流会参加、 七生特別支援学校との連絡協議会へ参加、 本年度このような素晴らしい活動ができたのも運営委員、 サポーターさん、保護者の皆さまのご協力があったからこそ結果を残すことができました。 心よりお礼申し上げます。 今後も生徒たちの応援団として、 生徒たちから沢山のエネルギーをもらいながら 保護者同士も和気あいあいと活動していければ良いと願っております。

 1年間ご協力いただき本当にありがとうございました。

<活動内容と報告>

1/19 第3回 選考委員会
2/2 第6回 運営委員会
2/18 マラソン大会前日準備
2/19 マラソン大会 (豚汁とスポーツドリンクの提供)
3/8 いちい会だより NO.3
3/9 卒業式
3学年委員会 卒業記念品『モバイルバッテリー』 『コサージュ』
お別れ喫茶開催
広報誌「いちい」 第110号

◎マラソン大会を終えて

 役員とサポーターの計15人で、 豚汁850人前の食材を切り翌日の調理がしやすいよう分量ずつ材料を袋詰めしました。 手際良く事故なく作業していただきありがとうございました。

 そして当日、いつ雨が降ってきてもおかしくない空のもと、 ゴールした子ども達に予定通り豚汁、 スポーツドリンクと麦茶を提供することができました。 サポーター35名と役員9名で朝8時半前から作業を始め、 大鍋18杯分の豚汁を調理し、給仕の準備をしました。 子ども達も具沢山の豚汁をとても喜んでいました。

 調理から片付けまで率先して作業していただき、ありがとうございました。

◎お別れ喫茶を終えて

 本年度、卒業式後まっすぐ帰宅してしまうのも寂しいし、 お茶でも飲みながらもう少し子どもたちの高校生活の思い出話をしませんか? との思いから卒業生保護者を対象としたお別れ喫茶を開催しました。

 校長先生、副校長先生をはじめ3年生の先生方にもご参加いただき100名ほどの方が参加し、 懐かしい入学式のビデオや三年間撮りためた子どもたちの写真をスライドショーで観ながら、 時々歓声を上げて盛り上りとてもいい雰囲気で終わることができました。

<今後の予定>

4/9 入学式
4/27 全体委員会
5/11 総会

~ サポーターの皆様へ ~

 サポーター制度も6年目となり、今年度は 108名の方にご登録していただき、 体育祭・文化祭(前日準備・1日目・2日目)・マラソン大会(前日準備・当日)の6日間で, のべ 222名の方に活動していただきました。 おかげさまで、行事を円滑に運営することができ、各委員会の負担も軽減されました。 ご協力ありがとうございました。

 サポーターの皆様からは、楽しく活動していますとのご感想が多く、 いちい会会員の皆様の交流の機会になっていることをうれしく思います。

 来年度も多くの方にサポーター登録していただき、 いちい会の活動にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

~ 3年生の皆様へ ~

ご卒業おめでとうございます

◆◇ 制服リサイクルのお願い ◇◆

 3年間お世話になった制服や体操着でリサイクルできるものがありましたら、 学校行事(体育祭・文化祭)の際に洗濯したものをお持ち下さい。

 文化祭でいちい会が運営している『お休み処』内の「制服リサイクルコーナー」にて、 希望者に無料で提供させていただきます。 ご協力をよろしくお願い致します。

◆◇ 日野高メール配信サービス削除のお願い ◇◆

 日野高メール配信サービスは、受信者数の上限1000件の契約です。

 次年度の日野高メール配信サービスの円滑な運用にご協力をお願いいたします。

 以下のアドレスに空メールを送れば解除できます。

end-hinokou@dmdm.cc

~最後に~

 来年度の役員選出にご協力をお願いします。

 学年委員 保護者より各学級1名

 専門委員(広報委員又は研修委員) 保護者より各学年ごとに学級数と同人数


 これからも「いちい会」は、子どもたちのよりよい学校生活の実現、 保護者の有効な情報交換の場になるよう活動していきたいと思います。 来年度もよろしくお願い致します。